トップ
Haruyaさん、Interviewを翻訳
a0020236_11252052.jpg昨日はオフィシャルサイトの更新情報を書きましたが…オフィシャルサイトといえば、前々から気になっていたのがBundyさん(Webマスター)による、The Jazz Brothersリリース記念、Koh & Sohのインタビューです。
(サイトにアクセスするとポップアップページが立ち上がります)

このタイ語オンリーの記事を、『底なしくずかご』でおなじみのHaruyaさんが翻訳してくれました。

底なしくずかご → Interview with Jazz Brothers

The Jazz Brothersをどんな経緯で制作する事になったのか、すごく気になっていたのですが、翻訳を読ませていただいてスッキリしました。

ポイントを抜粋させていただくと…

 この国のジャズ界に対して何かできるんじゃないか。

 メイド・イン・タイランドであることを強調。

 我が国のジャズミュージシャンにもっとジャズアルバムを作ろう....

私が初めてThe Jazz Brothersのジャケットを手にした時、どうしてKoh & Sohの名前を前面に出さずに、Bangkok Jazz Societyという名前にしたのか気になっていました。
でも、今回翻訳を読ませていただいて感じた事は、『Bangkok Jazz Society』という集まりを核にし、タイのジャズ界を盛り上げていこうというKohさんの思いが見えてきました。
Koh & Sohは自分たちの名前よりも、メイド・イン・タイランドのジャズアルバムの形を一つ作り上げる事を最優先したように思います。

そして、インタビューの中には、Koh & Sohがお互いの印象を語っている部分があって、すごく納得してしまいました。
特に、私が2004年に初めてSohの演奏を聴いた時に感じた心地良さは、彼がチェンマイ出身という事に結びついているんだなと、改めて納得させられました。チェンマイ人という表現がとても面白いですね。

常に良いミュージシャンを生み出そうとしているKOH Mr.Saxmanが今後どんなタイのミュージシャンを発掘し、育て、どんなジャズアルバムを作っているのか、ますます楽しみになりました。

Haruyaさん、大変な作業を本当にありがとうございました。

最後にBangkok Jazz Societyの中の一つ、Sohくんのバンド、etc.のオフィシャルページをご紹介します。
 http://www.plus2a.com/etc
ギャラリーにはSohくんの写真もありますし、etc.バンド全員のプロフィールを見る事が出来ます。素敵なサイトですのでぜひご覧下さい。

*写真は、右からKoh & Sohのツーショットです。
 http://www.plus2a.com/etcから転載させていただきました。
[PR]
by s-shinobu | 2006-08-27 23:30 | ■つぶやき
<< 新曲出ました! オフィシャルサイトが更新! >>