トップ
カテゴリ:■つぶやき( 227 )
KOH Mr.Saxmanの来日まで…もうすぐです!なぜか焦ってます(笑)

前回のトピックでは、KOH Mr.Saxmanの事をもっともっと知っていただきたく、プロフィールをまとめてみました。でも以前あった英語のHPが無くなっていたり、保存していたデータもパソコンが壊れた時に消えてしまっていたりと…作業はちょっと大変でした。
でも改めてKOHさんの歴史を振り返ってみると、音楽一筋で走り続けてきた人なんですよね。ジャンルを問わずサックスを演奏し、歌、教育と、世界的にみても稀なミュージシャンだと思います。
いつかウィキペディアに載せられるぐらい、しっかりとしたプロフィールが作れたらと思っています。

という事で…
KOH Mr.Saxmanと言えばやっぱり「Pawana(ภาวนา 祈り)」。遠く離れた恋人を想う歌です。親しみやすい曲調で、KOHさんらしいなと感じる曲でもあります。

この歌はいろいろな人に聴いて欲しいなと思っているので、再びタイのPranburiで撮った映像をアップしてみました。前回はソプラノサックスの美しい演奏を紹介しましたが、今回はKOH Mr.Saxmanが歌い、アルトサックスを演奏しています。
周りのお客さんも口ずさんでくれたり、KOHさんもお客さんとのコミュニケーションを楽しみながら、歌っている様子がわかると思います。
残念ながら暗くて姿ははっきり映っていません(涙)でも歌や会話はしっかり録音されているので、ライブ感を楽しんで下さい。
タイ人と言えば「オッホーーィ!」KOHさんはっきり言ってますよ(笑)

[PR]
by s-shinobu | 2008-01-25 18:42 | ■つぶやき
KOH Mr.Saxmanの来日まで約1週間!なんだか緊張してきました(笑)。

KOHさんはちょうど2年前に東京と札幌の冬を経験し、日本の寒い気候が好きと言っていたのですが…ちょっと今年は寒過ぎるので心配ですね。
体調に気をつけて、久しぶりの日本を楽しんでいって欲しいと思います。

という事で今日は久しぶりに動画をアップしてみました。
以前、写真は旅行記の方にアップしたのですが、タイのPranburiという街のリゾートホテルで演奏しているKOH Mr.Saxmanです。

動画を見ているとその時の記憶がいろいろと蘇ってくるのですが、テーブルの上や引き潮の海辺に整然と置かれたキャンドルの灯りがとても幻想的で、海の音と美しい音楽に囲まれた素敵なパーティーでした。

そのキャンドルの光に囲まれ演奏するKOHさんのサックスや歌がとにかく素晴らしくて、Pranburiという全く知らなかった街が、最高の思い出の場所になりました。

暗くて姿が微かにしか見えないのですが、KOH Mr.Saxmanがソプラノサックスで演奏している"What a Wonderful World"をぜひ聴いてみて下さい。


a0020236_128227.jpg
[PR]
by s-shinobu | 2008-01-21 23:49 | ■つぶやき
KOH Mr.Saxmanの来日まであと半月あまり…どんなライブになるのだろうと、日に日に期待が高まっています。

今回の来日は「塩谷哲グループ」という素晴らしいミュージシャンとジャズライブを行うという事ですから、本来ならKOHというジャズミュージシャンの姿を記事にするべきなのかもしれませんが、あえて今日は彼の歌声に注目してみました。

塩谷さん関連でたまたまこのブログを見た方は、KOH Mr.Saxmanって何者?と思っている方も多いと思います。
そういう方にも是非KOH Mr.Saxmanの歌にも興味を持っていただけたら嬉しいなと思ったわけです。

歌を紹介するには動画で観てもらうのが一番だと思うのですが、昨日「Seefa#2 - Deep Blue Concert」の映像をYoutubeで発見しました。これを観ていただければ納得していただけるかと思います。
このコンサートが行われた当時(2006年10月)もたぶん書いたように思うのですが、Seefa#2でのKOH Mr.Saxmanの歌声は特に美しいと思うんです。
この曲はBird(タイの有名歌手)のカバー曲なのですが、Kohさんの優しい声とアルトサックスの音色と、この穏やかな曲調が見事に合っていて何度聴いても飽きません。
KOH Mr.Saxmanには「Pa-wa-na」や「Larn jai」など、私にとって思い入れの深い素晴らしいヒット曲が多々あるのですが、この曲を歌うKohさんはまた別のオーラを発しているように感じてしまうのです。ぜひご覧下さい。

YouTube
คอนเสิร์ตสีฟ้า จำเธอขึ้นใจ โก้ Mr.Saxman
a0020236_1593426.jpg

[PR]
by s-shinobu | 2008-01-12 23:08 | ■つぶやき
大晦日と言えば紅白歌合戦
例年通りに家族と鍋を囲みながらテレビを見ていたのですが、先日の紅白歌合戦には、このブログでもご紹介したミュージシャンが登場しとても驚きました。

その方は「塩谷 哲」。
絢香」が登場後すぐに、ピアノを弾く塩谷哲さんの姿とお名前が画面に映し出されたのです。

塩谷さんのピアノにのって披露された曲は、
Peace loving people ~スペシャル・ピアノ・バージョン~」。
絢香の見事な歌唱力と、ピアノの旋律が印象的な美しい曲でした。

塩谷さんと言えば2007年11月にバンコクでコンサートを行い、KOH Mr.Saxmanがゲスト出演するというビッグニュースがあったばかりだったので、紅白の画面に塩谷さんの名前が出た時は思わず見入ってしまいました。

私にとって塩谷さんのイメージはジャズやラテンのピアニストという印象だったのですが、紅白に出演した"コブクロ"や"馬場俊英"などとポップスの分野でも大活躍をされているミュージシャンだという事です。

タイと日本のミュージシャンの共演はなかなか無い事なので、今年も塩谷哲さんのような素晴らしいアーティストと、KOH Mr.Saxmanが共演するというチャンスが生まれる事を期待したいと思います。
[PR]
by s-shinobu | 2008-01-03 23:59 | ■つぶやき
新年あけましておめでとうございます。

昨年のKOH Mr.Saxmanは数多くのタイ国内外での公演、ジャズアルバムのレコーディング、タイのアーティストの新譜への参加…そしてSax Societyでのサキソフォンの普及・教育活動、ジャズフェスティバルのプロデュースと様々な活動を私達にファンに見せてくれました。
ちょっと心配になる程、猛スピードで駆け抜けた多忙な一年だったと思います。

a0020236_0132618.jpgそんな多忙な中、日本とタイという距離を感じさせない程、Kohさんご自身からいろいろな情報を届けていただき、ファンとして本当に幸せな1年でした。

「Koh」という素晴らしいミュージシャンを、もっと日本の皆様に紹介していきたいという気持ちが強くなるばかりです。

2008年もKOH Mr.Saxmanに纏わる新旧いろいろな情報を届けていきたいと思いますので、KOH Mr.Saxman & Fan-site of Japanをよろしくお願い致します。

*写真は、友人が昨年12月に撮影して来てくれた"Sax Society"の店頭ディスプレイです。
[PR]
by s-shinobu | 2008-01-01 23:58 | ■つぶやき
今年もあと一日となってしまいました。

先週友人が撮ってきてくれた「SAX and Jazz Festival@Bangkok」の写真をまとめてアップしたかったのですが、間に合いそうにありません。
その代わりと言ってはなんなのですが、
Kohさんからいただいた限定版のアルバム「Koh's Demo」をご紹介します。

a0020236_2512345.jpgこのCDは"SAX and Jazz Festival"の会場で販売されていたもので、友人がKohさんから直接受け取ってきてくれたものです。
CDの存在をまったく知らなかったので、受け取った時は本当に嬉しくて、私にとっては最高のクリスマスプレゼントでした。

「Koh's Demo」にはジャズ8曲が収録(内3曲はBacking Track)されています。

 1、Memory of You
 2、Retro Nuvo
 3、Swingin'
 4、???? Fet. "Lookpat"
 5、Coffee Corner
 6、Memory of You (Backing Track)
 7、Retro Nuvo (Backing Track)
 8、Swingin' (Backing Track)

特に1~3の曲はDarren Rahn氏(Kohさんの友人)の作曲という事もあり、今までのKohさんのスタイルとは少し違った印象を受ける、スピード感溢れる演奏になっていました。
4曲目は、Lookpatをボーカルに迎え、しっとりとした雰囲気のジャズ。そして5曲目はKoh & SohのThe Jazz Brothersの楽曲です。やはりSohさんのピアノがとても素晴らしくて印象的でした。
一曲一曲Kohさんがじっくりと時間をかけ作り上げていった様子が目に浮かぶような、素晴らしい作品に仕上がっていました。
「Koh's Demo」はおそらくSaxsocietyで購入出来ると思いますので、興味のある方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

そして、このアルバム以外の大きな情報としては、
来年の早い時期にインストゥルメンタルのCDが発売になる予定です。
一足お先に音源を聴かせていただいたのですが、KOH Mr.Saxmanのファンなら思わず「オッ!」という感じの、素敵なアルバムになりそうです。
正式に発売が決まった頃に随時お知らせしたいと思います。

今年のKOH Mr.Saxmanは、世界中に飛び回りとても忙しく大活躍の年でした。
それに比べてこのブログは、Kohさんのスピードに全く追いつけない程のスローペースだったのですが…来年は忙しくなりそうな予感?です。

来年は、日本のファンにとって嬉しい情報をいろいろとお伝えする事が出来ると思います。
2008年もKOH Mr.Saxman & 当ブログをよろしくお願い致します。
[PR]
by s-shinobu | 2007-12-31 01:48 | ■つぶやき
今年もあと残りわずか。
あまり更新出来なかったですけど、後半は塩谷 哲グループのコンサートにゲスト出演した話題や、KOH Mr.SaxmanプロデュースのJazz Fes、そしてiTunes Storeの情報などが入り、ファンサイトとしてはとても良い締めくくりが出来たような気がします。

という事で、
今日は年末恒例?クリスマス&新年用のスキン作りに没頭していました。
超ギリギリという感じだったのですが、とりあえずヘッドをクリスマス用に作り変え、サイドバーにはiTunes StoreとAmazon.co.jpのバナーをはりました。
音楽サイトっぽくなりましたよね(笑)
ついでにクリスマスカードも作ってみたんですけど、ちょっとキラキラ派手になってしまいました(笑)画像をいじりながら思ったのですが、KOH Mr.Saxmanが演奏するクリスマスソングを聴いてみたいと思いませんか?今ごろタイのどこかで演奏しているのかもしれませんね。
いつか、そんなアルバムが出たらいいなと妄想を膨らませながら、スキン変更完成です。
a0020236_532870.jpg

[PR]
by s-shinobu | 2007-12-24 23:48 | ■つぶやき
ほんとビックリしました!
先日、Amazon.co.jpでKOH Mr.Saxmanのアルバムを発見、と書いたばかりだと言うのに、今度は日本版のiTunes StoreでKOH Mr.Saxmanを発見してしまったのです!

知らなかったのは私だけなのでしょうか?(笑)
今回もただなんとなくネットで検索していたら、ヤフーにこんなページがありまして…http://psearch.yahoo.co.jp/....... おや、こんなところに"Sax is All Around"が?とりあえず無意識にクリックしてみたところ…
なんとなんとPCのiTunesが立ち上がり、その中に「Sax is All Around」のジャケ写と曲目一覧が目飛び込んできたというわけなんです。
a0020236_5234194.jpg
日本から購入出来ないんじゃないの?と疑ってみたのですが、そんな心配は全く必要ありませんでした。
価格も円で記載されているし、楽曲名が全て日本語に訳されていたんです(笑)もちろん全曲試聴も出来ました。
大げさに聞こえるかもしれないけど、私にとってはすごく感動的な瞬間だったんです。
このブログを始めた頃はタイのCDを手に入れるのさえ苦労していたというのに…タイのアルバムを1曲ずつ手軽に買える時代が来てしまったんですね。

登録されていた"Sax is All Around"のレーベルは、GMM(Grammy社)なので、タイ最大手のレコード会社GMMとiTunesは提携をしたという事になるのでしょうか?だとしたら素晴らしい事ですね。

とにかく購入してみました!
(ちなみに、アルバム1200円。1曲150円です。)
全曲購入と言いたいところなのですが、とりあえず私の大好きな曲を1曲だけ試しに購入してみました。
iTunes Store Japanでの楽曲名は、「最後の思い出」です。
当たり前ですけど、あっけない程簡単に購入が出来て、iTunesからiPodへの転送も簡単に終わってしまいました。
聴きなれた曲だけどまた格別な感じがします(笑)
次はどの曲を買おうかな、、、ささやかな楽しみが出来ました。

iTS-Jに登録されたという事は、KOH Mr.Saxmanの演奏や歌が世界へと…夢が広がりますね。
これを機に、ぜひぜひ"Sax is All Around"以外のアルバムも扱ってもらえたらと思います。

↓iTunesが立ち上がりますので、ぜひ試聴してみて下さい。

[PR]
by s-shinobu | 2007-12-22 23:29 | ■つぶやき
a0020236_1224624.jpg

a0020236_15332263.jpg先週の日曜日(2007年12月16日)に行われたばかりの、Sax Society present "SAX and Jazz Festival by P.Mauriat"の写真が届きました。

アジア各地を旅行中だった友人が、短いバンコク滞在の合間を縫って撮ってきてくれたホヤホヤの写真です。ありがとうございました。

会場は、バンコク"Thai Culture Center"裏手の野外ステージです。
先日もご紹介したように、このコンサートはKohさん自らのプロデュースという事もあり、この日のKohさんは、セッティングからMC、そして演奏と、とても忙しく動き回っていたそうです。
そんな忙しい最中でも、時折会場内で友人の顔を見つけては声をかけてくれるという優しい姿に、友人はとても感激していました。

こういうジャズイベントにはどの程度のお客さんが集ってくれるものなのかと、ちょっと心配だったりもするのですが…会場には沢山のお客さんが入り大盛況だったそうです。
ロックやポップスよりジャズが好きだと言う若者や、ジャズが好きでわざわざ遠くから観に来た人も居たそうで、この話を友人から聞いた時、ここ数年のタイのジャズブームは本当だったんだなと感じました。このようにKohさんやSaxsocietyの方々の頑張りが結果として現れた事が、私にとっても嬉しい事でした。

このコンサートには、いろいろなタイのジャズミュージシャンが出演したのですが、Kohさんファミリーも総出演もいった感じだったようです。
KOH Mr.Saxmanバンド(Boy Thai)のメンバーはもちろん、ETC.のピアニストSohくん、ギタリストのProdeさんなど、このブログでもお馴染みのアーティストが出演し、夕方から夜遅い時間まで長時間のコンサートだったようです。
なかでもJennifar kimさんが登場した時の会場の沸き方はすごかったそうです。
彼女が何か一言発するたびに観客は大笑いで、まるで夫婦漫才のような"Koh & Jennifar kim"の掛け合いに友人も大満足だったようです。
a0020236_10463894.jpg

a0020236_12232474.jpg

a0020236_12234322.jpg

a0020236_12243419.jpg

a0020236_1225991.jpg

a0020236_12275495.jpg

a0020236_1513979.jpg

[PR]
by s-shinobu | 2007-12-21 23:13 | ■つぶやき
なんとなく検索をしていたら…見つけてしまいました。

Amazon.co.jp」の商品の中に、KOH Mr.SaxmanのCDを発見してしまったのです。偶然「The Other Side of KOH」のジャケットが目に飛び込んで来たので、驚いてしまいました。

Amazon.co.jpの中にはあまりタイのアーティストのCDは無いようなので、
タイのミュージシャンであるKOH Mr.Saxmanのアルバムが登録された事が、ちょっと画期的な事に感じてしまいました。

紹介文も本格的なんです…

タイでサックス吹きと言えばやはりこのKOH。でもタイのジャズと言ってもほとんどの人は?なのでは。でもご安心を、Mr. Saxmanの異名をも持つ彼、2002年に"Mr.Saxman"でデビュー、昨年に2作目となる"Sax Appeal"を出し、そして今作と着実にその人気と実力を増しつつある。日野皓正とも競演した実力派ピアニスト、J.MonteiroやオーストラリアのJazzシーンでは有名な女性ベーシストBelinda Moodyらをバックに、単なる雰囲気ものに留まらず、しっかりとした演奏を聴かせてくれる。女性ヴォーカリストAnne Werapassをフィーチャーした2曲も聴きどころ。4 ビートとフュージョンのいいところを掛け合わせた怪作、いや快作です。

思わず買って聴いてみたくなるような、素晴らしい文章ですね!
もうすぐ新しいジャズアルバムもリリース予定ですし、
今後もぜひ「Amazon.co.jp」でKOH Mr.SaxmanのCDを扱ってもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!

- Amazon.co.jp -
The Other Side of KOH-Mr.Saxman [Import]

a0020236_55361.jpg

[PR]
by s-shinobu | 2007-12-17 23:45 | ■つぶやき