トップ
カテゴリ:■つぶやき( 227 )
今月はKOH Mr.Saxmanのニューアルバム『Sax is all around』がリリースされ、かなりハッピーな気持ちで毎日を過ごす事が出来ました。

新しいCD、VCDの発売だけでも大きなニュースなのに、他にも今月は『SEEFA #2 Deep Blue Concert』という大きなコンサートに出演したり、それに関係した『Deep Blue』というコンピレーションアルバムも発売され、その中にも彼の新曲が収録されるという、とても話題の多い一ヶ月でした。

日曜日(29日)のSEEFA #2 Deep Blue Concertは、無事に行われたようで、さっそくG"Memberのギャラリーに写真がアップされました。

G"Member → GALLERY
a0020236_23293516.jpg
わくわくするなぁ………あれ、たくさん写真があるのに、Kohさん居ないんですけど?このコンサートのメインはKOH Mr.Saxmanを含めた8人でしょ?
他のアーティストが歌ってる写真はあるけど…肝心なKohさんだけソロ写真がありません(涙)歌わなかったの?

でも最後の最後、出演者全員の写真にはKOH Mr.Saxmanの姿がありました…ホッ。演奏したのは間違いありませんね。ソロ写真が見たかった(笑)
a0020236_23331078.jpg
a0020236_23331914.jpg
今回、G"Memberにはソロの写真はありませんでしたが、このコンサートはVCDで発売される可能性があるそうです。
映像でKOH Mr.Saxmanの演奏と歌を見る事が出来ますように…リリースを待ちましょう。
Kohさん、お疲れ様でした!!!

*画像は、G"Memberから転載させていただきました。
[PR]
by s-shinobu | 2006-10-31 23:50 | ■つぶやき
a0020236_435885.jpgニューアルバム"Sax is all around"、聴いていただけましたか?

もうVCDも手に入れて、新しいKOH Mr.Saxmanの映像を楽しんでいる方もいるかもしれませんね。ぜひ感想を聞かせて下さい。

前にも書きましたが、このアルバムには5つのカバー曲(グラミーの楽曲)が収録されていると、Kohさんから聞いていました。

いったいどんな曲をKOH Mr.Saxmanが歌い、演奏したのか、とても楽しみにしていたのですが…実際アルバムを聴いてみると、どれがカバーでどれがオリジナルなのか、残念ながら私には判別できませんでした(笑)

でも、この曲だけは聴いた瞬間にわかりました。

  ฝากฟ้าทะเลฝัน : Fark fah talae fun

おそらくオリジナルはBird Thongchaiが歌ったものだと思います。
Birdのかなり昔の歌だと思うのですが…参考までに↓
 http://www.ethaicd.com/show.php?pid=7757
 http://www.ethaicd.com/show.php?pid=4402

数多くあるBirdのアルバムの中で、私が持っているのはKOH Mr.Saxmanも参加している"Bird 20 Memories"です。
a0020236_3564024.jpg
このCDにも"Fark fah talae fun"が収録されているので、すぐにわかりました。
この曲はちょっと独特な雰囲気で、哀愁を帯びたメロディーがしっかりと私の耳にも残っていました。好きな歌の一つなんです。

このBird Thongchaiの名曲を、KOH Mr.SaxmanはAlto Saxでカバーしています。彼の音色にはこういう曲調が良く合うなと、素人ながら感じました。

1曲目にこのインストを持ってきて、2曲目は新曲"ทางสายเก่า เพลงรักเก่า"と、素晴らしい流れです(笑)

他のカバーも2曲はなんとなくわかったのですが…ゆっくり調べてみたいと思います。もしわかった方が居りましたら、ぜひ教えて下さい。

あと数日後には、SEEFA #2 Deep Blue Concertがありますね!
今頃リハーサルで忙しくしている頃ではないでしょうか?
本当に楽しみなコンサートです。

*画像はeThaiCD.comから転載させていただきました。
[PR]
by s-shinobu | 2006-10-26 23:41 | ■つぶやき
とにかく毎日聴いています。
KOH Mr.Saxmanのニューアルバム"Sax is all around"。

先週訪タイしたSLYさんに頼んで買ってきていただいたので、約1週間、毎日毎日四六時中聴きまくっていました。

長く聴いていても全く飽きません(笑)
とにかくKohさんの歌が良くて良くて…リリース前の想像通りでした。
今回は『歌』に力を入れたアルバムになるんじゃないかと思っていたので、彼が歌っている楽曲のクオリティがとても高かった事が最大の喜びでした。

ファンとしてはどうしても期待が大きくなってしまって、毎回ニューアルバムを聴く時は緊張してしまうんです(笑)耳にも力が入ってしまいます。
でも、そんな昂る気持ちをスーッと沈めてくれるような、穏やかな気持ちにさせてくれる曲ばかりでした。

私は、Kohさんの声にはバラードが良く似合う!といつも思っているのですが、今回のアルバムのバラードは素晴らしいです。大げさに聞こえるかもしれませんが、涙が出てしまうくらい感動的な名曲でした。

まだアルバムを買っていない方も多いと思いますので、解説は後日書くことにして…この3rdアルバムは、ジャズやフュージョンっぽさを意識させない、純粋なポップスアルバムとして誰にでも親しまれるアルバムだと思います。
日本のタイポップスファンにはぜひ聴いていただきたい一枚です。
a0020236_242183.jpg
CDをパソコンに入れるとこういう画面が登場するんです。こういうの初めてです。
詳しくは次回に!
[PR]
by s-shinobu | 2006-10-21 23:58 | ■つぶやき
a0020236_022101.jpg今月10月17日はニューアルバムのVCDのリリース予定日です。
CDのリリースに続き、こちらも今か今かと待っているファンも多いかと思います。

そのVCDに収録される新曲、
"Tarng sai kao pleng ruk kao : ทางสายเก่า เพลงรักเก่า"のMusic VideoがG"Memberに登場しました。
トップページの右側のバナーからか、
new album←のKohさんのCDをクリックし、赤いテレビのアイコンをクリック。

さっそく見てみたのですが、今回の新曲は事前に悲しいストーリーだと聞いていたので、やはりMVもちょっと………です。こういう経験をされた方には、ちょっとたまらない感じがするのでは無いでしょうか。
爽やかなKOH Mr.Saxmanの歌声やソプラノサックスの音色が、とても物悲しく意味の深いものに聴こえてくる気がします。
MVの右側には歌詞も出ていますので、タイ語が読める方は悲しいストーリーを文字の方でも味わってみてください。
VCDのリリースまであと少し…待ち遠しいですね!
a0020236_032066.jpg

[PR]
by s-shinobu | 2006-10-15 23:50 | ■つぶやき
オフィシャルサイト今月のスケジュールがアップされました!

ニューアルバムも無事リリースされ、今月からプロモーション活動やポップスイベント、そしていつも通りのジャズライブetc...と年末にかけてとても忙しくなりそうなKOH Mr.Saxmanです。
スケジュールを見てみると、22日(日)は通常通りSaxophone Pubの出演が決まっているようですね。ここでは演奏オンリーで歌う事は無いものと思い込んでいたのですが、SLYさんの話によると、歌う事もあるようです。もしかしたらSaxophone Pubで新曲が聴けるかも?!

a0020236_2505956.jpgそして、やはり気になるのは29日のSEEFA #2 Deep Blue Concertです。
Indoor Stadium Huamarkという場所で、
14:00と18:00の2回公演のようですね。
行けないのに、とても期待しています(笑)

G"Memberを見ていたら、このコンサート関連のウェブサイトを発見しました。
seefa # 2 Deep blue Concert
a0020236_2495033.jpg
携帯の着メロナンバー?が紹介されていますね。
タイ語なので判別するのが大変なんですけど、KOH Mr.Saxmanの曲は…どうやらニューアルバムの中の曲が登録されているようです。
私がタイで買った携帯の着メロはずっとPlor tur chai maiなので、今度タイへ行く事があったら新曲のダウンロードにチャレンジしたいと思います。

脱線しましたが、来月の4日はソフィテルホアヒンでのライブもあるようです。
このブログのタイトルヘッドの写真は、昨年ソフィテルホアヒンで撮影した写真なのですが、とても気持ちの良いホテルと海岸でした。バンコクで聴くのとはまた違った清々しい演奏を聴かせてくれると思います。

Schedule
10月22日(日)
Koh & Bamboo Bar Jazz Band @ MAI ตอน เพลงพระราชนิพนธ์
16.00-18.00

Koh @ Saxophone Pub อนุสาวรีย์
23.00-2.00

10月29日(日)
Koh @ คอนเสิร์ตสีฟ้า 14.00 และ 18.00 Indoor Stadium หัวหมาก

11月4日(土)
Koh @ Sofitel หัวหิน

*画像はseefa # 2 Deep blue Concertから転載させていただきました。
[PR]
by s-shinobu | 2006-10-14 23:55 | ■つぶやき
a0020236_16192350.gifもうチケットは買いましたか?
今度の日曜日(10月15日)は、Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区)で、"渡辺貞夫グループ"と"フォンナム"のコンサートがあります。
タイ大使館のホームページで知った方も多いのではないでしょうか?

このコンサートは、タイの『プミポン・アドゥンヤデート国王陛下御在位60周年祝賀』の行事で、タイからは"フォンナム"というタイのジャズバンドが出演し、日本の"渡辺貞夫"と共演します。

↓コンサートのオフィシャルサイトはこちら↓
Japan-Thailand Commenorative Jazz Concert on the occasion of the sixtieth Anniversary Celebrations of H.M. King Bhumibol Adulya

渡辺貞夫さんは、プーケットの被災地へ視察訪問したり、タイとの縁の深いアーティストで、たしか以前にタイのジャズフェスティバルにも出演した事があったと思います。その時KOH Mr.Saxmanと共演した事があったような…。私がkohというサックス奏者を知る前の事なので正確な情報では無いのですが。

タイのプミポン国王は、ご自身でクラリネットやサックス等を演奏したり作曲をしたりと、ジャズを愛する国王としてとても有名ですよね。
そういう国から生まれた新しいスタイルのジャズバンド"フォンナム"がどんな演奏を聴かせてくれるのか、とても楽しみです。そして久しぶりに聴く渡辺貞夫さんの演奏もかなり期待しています。

タイを代表するサックス奏者のKOH Mr.Saxmanも出演してくれたら、かなり嬉しかったのですが…今回は我慢します(笑)
でもいつか渡辺貞夫と、KOH Mr.Saxmanの共演を見てみたいものです。

↓渡辺貞夫のオフィシャルサイトはこちら↓
Sadao Watanabe Official Web Site
[PR]
by s-shinobu | 2006-10-12 03:10 | ■つぶやき
KOH Mr.Saxmanのオフィシャルサイトでも、Newアルバムのリリースを目前にし動きがありました。

今回更新されたのは、新しいMusic Videoからの画像が4点、ギャラリーに追加されました。ぜひご覧下さい。

 Saxman Club → News → Gallery

a0020236_3394139.jpg背景がぼんやりしているので、どんな場所を背景にしたものなのかは判りませんが、水路?運河?なんとなくタイじゃないような雰囲気も感じがします。
これらの写真を見ても、やはり悲しい曲が想像できますね。

Music Videoの撮影も先月中旬頃には終了したとの事でしたので、VCDの発売を楽しみに待つ事にしましょう。

*画像はKOH Mr.Saxmanのオフィシャルサイト、Saxman Clubから転載させていただきました。
[PR]
by s-shinobu | 2006-10-01 03:40 | ■つぶやき
昨日の深夜は『タイでクーデター』という臨時ニュースが流れ、本当に驚きました。
どうなる事かと心配したのですが、どうやらタイ国内はほぼ通常通りに機能していて、静かなクーデターのようです。
いずれにしても一日も早くタイの政治が安定し、戦車が走らない穏やかな街に戻るよう、祈りたいと思います。

という事で、私としてはKOH Mr.Saxmanのニューアルバムのリリースが待ち遠しい今日この頃なのですが…実はリリースは来月になるそうです(笑)
先日kohさんからメールを頂いたのですが、リリース日は10月6日。そしてVCDの撮影も無事に終えたとの事でした。
ちょっと先に延びましたけど、楽しみに待ちたいと思います。

ところで、今日は"Quando Quando Quando"という歌についてなのですが…最近なんとなくFMを聴いていた時に、あ、これは!と驚いた曲なんです。

実はこの曲、去年タイでKOH Mr.Saxmanのライブを見せてもらった時に、何度となく彼が歌っているのを聴く機会があって、耳に残っていました。
「クアンド、クアンド、クアンド」という印象的なフレーズがどうしても英語に聴こえなくて、タイの曲かな?いやいや歌詞は英語だから洋楽のカバー?と思いながらも、つい最近までこの曲について情報を得る事が出来ませんでした。
(ちなみに"Quando"はイタリア語で"when"の意味だそうです)

a0020236_4562139.jpg私がFMで聴いたのは、
"MICHAEL BUBLE / マイケル・ブーブレ"のアルバム"IT'S TIME"に収録されている"Quando Quando Quando"。Nelly Furtadoとのデュエットです。

Michael Buble Official Website




a0020236_4563111.jpgオリジナルは、この人かな?
"Engelbert Humperdinck / エンゲルベルト・フンパーディンク"という人が60-70年代に歌っています。

Engelbert Humperdinck Official Website



試聴してみたのですが、それぞれ味があってアルバムが欲しくなってしまったのですが…実はKOH Mr.Saxmanがライブで歌うこの曲はもっと良いですよ(笑)
私は、彼が歌う洋楽のカバーは今までほとんど聴いた事が無かったのですが、去年の12月に初めてこの曲を聴いた時、心の底からいいなぁーと唸った記憶があります(笑)。
ただ上手いと言うんじゃなく、このシンプルなメロディーと、シンプルな英語の歌詞、そしてQuando(イタリア語)の言葉の響きがとても心地良くて、見事に彼の声にマッチしていました。
いつかこの曲も、アルバムに入れて欲しいなと思っているほどです。

タイの情勢が落ち着き、雨季が空ければタイに行かれる方も多くなると思います。
もしKOH Mr.Saxmanのライブを観る機会があったら、"Quando Quando Quando"をリクエストしてみてはどうでしょうか?
おそらく歌ってくれると思います。ダメだったらごめんなさい(笑)
[PR]
by s-shinobu | 2006-09-20 23:48 | ■つぶやき
Kohさん、誕生日おめでとうございます!

ขอแสดงความยินดี ใน วันเกิด ครับ

本日9月13日は、KOH Mr.Saxmanの33回目の誕生日です。
早いもので、このブログを始めて3回目のバースデーになります。
こんなに長く続けてこられ、サイトでKOH Mr.Saxmanの誕生日を祝えるなんて、とても幸せな事だと思っています。

33才になったkohさんは、間もなく3rdアルバムのリリースを控えています。とても待ち遠しいのですが、きっと素晴らしい歌と演奏を私達ファンへ届けてくれる事だと思います。

とにかく一年中走り続けているKohさんですから、健康第一で、仕事とプライベートの充実をお祈りしたいと思います。
Have a Wonderful Birthday!!
[PR]
by s-shinobu | 2006-09-13 03:21 | ■つぶやき
バンコクからの新鮮な情報と、最先端音楽レビューでお馴染みの『サイアム系で行こう』で、KOH Mr.Saxmanの新しい情報を発見しました。

a0020236_23161396.jpgタイの女性シンガー"Mint Uttawadee"のニューアルバム『closer』に、KOH Mr.Saxmanが参加しているそうです。

こちらをご覧下さい。
 サイアム系で行こう → 8月のイチ押し....

GMM Grammyの中では、他のアーティストのアルバムに参加する事は良くある事で、今までも何度かご紹介した事がありますし、全部の情報を追いかけるのは困難なほど多くのアルバムにミュージシャンとして参加しています…が、
今回fukuさんの記事で驚いたのは、『closer』のレーベルがSONY BMGだという点です。SONY BMGと言えば、日本でも人気のタタ・ヤン(Tata Young)がタイで所属しているレーベルで、8月の段階ではTata Youngの次にMintをプッシュしていたそうです。fukuさんはこのアルバムを「SONY BMGが総力を結晶した作品」と書いていました。そんな話題性のあるアルバムで、KOH Mr.Saxmanの演奏が聴けるなんて素晴らしい事ですね。私も聴いてみたいです!
許される状況であるのなら、今後もレーベルを超えても活躍し、いずれは世界的レーベルへと羽ばたいて欲しいものです。

タイで買ったCDの中からサックスの音が聴こえてきたら…KohとかSaxmanとか、โก้、เศกพล อุ่นสำราญの名前をちょっと確認してみて下さい(笑)

*画像はeThaiCD.comから転載させていただきました。
[PR]
by s-shinobu | 2006-09-06 23:33 | ■つぶやき