トップ
<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
うれしいお知らせです!
昨日(3月25日)発売になった、サックス専門情報誌「THE SAX」に、KOH Mr.Saxmanのインタビューが掲載されました!
それもなんとカラーページです。とても大きな扱いでKOH Mr.Saxmanを紹介していただきました(涙)。
a0020236_2345214.jpg
実は、KOHさんが「塩谷哲グループ」のライブに出演した2日目(2月1日)に、「THE SAX」の編集の方と、インタビュアーを務めていただいたサックスプレーヤーの小林洋平さんとお会いし、取材が実現しました。

私は、タイにはKOH Mr.Saxmanという、クレージーなサックスプレーヤーがいるんだ!という事を、ぜひとも日本のサックス好きな人に知ってもらいたくて、来日のチャンスを逃すわけにはいかないと思っていました(笑)。幸い、日本のサックス専門誌として著名な「THE SAX」の方とコンタクトが取れ、実際取材に来ていただいた時は本当に涙が出るほど嬉しくて…雑誌の出来上がりを心待ちにしていました。
a0020236_23252937.jpg
(小林洋平さん(右)のインタビューを受けているKOH Mr.Saxman)

発売日の昨日、さっそく近所の本屋さんへ行きピカピカの表紙の「THE SAX」を手にしました…なんと表紙はGAMOさん(東京スカパラダイスオーケストラ)じゃないですか!スカパラはKOHさんも大好きなバンドなのです。
雑誌を開くとGAMOさんのインタビューがあり…矢野沙織さんの記事も!KOHさんは、矢野沙織さんの事が大好きで、リスペクトしているサックスプレーヤーなんです。「Saori-san」の名前と彼女の素晴らしさを、KOHさんから何度も聞かされました(笑)。
このように、GAMOさんや矢野沙織さんという、KOHさん自身も大好きな日本の有名サックスプレーヤーと肩を並べ、KOH Mr.Saxmanの記事がたっぷり3ページ!
私は小さい記事で充分と思っていただけに、こんなに大きく…感激でした。

タイのミュージシャンが日本の音楽専門誌にこんなに大きく取り上げられたのは、おそらく初めて?じゃないかと思います。これは快挙です!

とにかく素敵な記事にしていただきましたので、ぜひ本屋さんや楽器屋さんで手にとってみて下さい。
いや~早くKOHさんに見せてあげたいです!

「THE SAX」編集部の皆さん、
そして素晴らしいインタビューをしていただいた小林洋平さん、
どうもありがとうございました!

ザ・サックス公式サイト -THE SAX-
http://www.alsoj.com/sax/

Yohei Kobayashi - Official Website
http://www.yoheikobayashi.com/
[PR]
by s-shinobu | 2008-03-26 23:30 | ■メディア
タイの人はimeemというサイトを良く利用しているようなのですが、
私もどうしても聴いてみたいタイの曲があって、かなり前に登録をしていました。

imeemは、YoutubeやMySpace.comと同じように、一般のユーザーやミュージシャンがアップした曲や映像がアップされていて、タイの曲はかなり沢山登録されています。
著作権的にどうなのかな~と思っていて、ブログで紹介するのは躊躇っていたのですが…最近では検索サイトで"KOH Mr.Saxman"と入力すると、imeemもかなりの数ヒットするようになってきたので無視出来ない状況です。それにタイのミュージシャンは、自分のサイトにimeemから曲を載せている人もいるようで(笑)あまり気にしていないのでしょうか??

とりあえず、久しぶりにログインしKohさんの曲を検索してみると…やはり沢山アップされていました。CDを買う人がいなくなりそうで、ちょっと心配してしまう程なのですが、じっくり調べてみるととても珍しい音源も何曲かありました。

その中で一番感動したのは、2005年6月に記事を書いたタイ映画『February (2003年作品)』のサントラです。
この記事を書いた後、何度かタイに行ってるのにCDを探せなかった(忘れていた)のです(苦笑)。タイでは数年前のCDでも探すのが大変なので、今となってはこのCDを入手出来るかどうかも微妙なのです。
今回初めてこの曲を聴いてみて、KOH Mr.Saxmanのテナーはいい!と改めて思いました。5年前なのにとっても良いのです。
同曲の主題歌は、Peterという人気歌手が歌っているので聞き比べをしてみたのですが、KOHさんのサックスの方が"歌っている"気がしました。

それから、
"Silverback - วันดีดี Ferturing KOH Mr.Saxman"
a0020236_1594391.jpgこちらはTripod Musicという新しいレーベルのアルバムのようです。つい最近までレーベルのオフィシャルサイトに左の写真が載っていたのですが、今日はなぜかアクセス出来ません(涙)

そして最後は、
"ฝากเพลงนี้ by KRIT (Sax By KOH)"
こちらはタイのインディーズのアルバムだと思うのですが、音を聴いた感じではKOHさんの演奏に間違い無いと思います。
このようにKOHさんは、GrammyやRS、そしてSONY BMGだけでなく、大小様々なレーベルで仕事をしてきた事がわかりました。

imeemで曲をフルで聴くには、登録しないとダメなのですが…MySpace.comにimeemのリストを貼るとなぜかフルで聴けるようです(不思議)。
実験的に私のアカウントにこの3曲を載せてみましたので、良かったら聴いてみて下さい。お気に入りのYouTubeの動画も載せましたのでこちらも是非。
http://www.myspace.com/shinobusax

imeemでの試聴はこちら
February OST. (Bonus Track : Mr.SAXMAN) by Koh Mr.Saxman
Silverback - วันดีดี Ferturing KOH Mr.Saxman
ฝากเพลงนี้ by KRIT (Sax By KOH)

eThaiCD.com
February
Silverback
Love Profile
[PR]
by s-shinobu | 2008-03-23 23:16 | ■つぶやき
いつも応援していただいているプンプイ@オーサカさんから、とても珍しい情報を教えていただきました。

なんと、タイの国民的ロックバンドとも言われている LOSO のライブアルバムに、Kohさんの音源が収録されていたそうです。それもKohさんがデビューする1年前(2001年)の貴重な貴重な音源です。
↓アルバムのジャケット写真はこちら↓
a0020236_23152552.jpg

オーサカさんがたまたま古いCDを整理していた時に、付属のブックレットの中に見慣れたサックスプレーヤーの顔を見つけて驚いたそうです(笑)
SAXOPHONEの欄に記載されている名前は、もちろん本名の"เศกพล อุ่นสำราญ (Sekpol Unsamran)"です。
a0020236_23144164.jpg

私はLOSOについて詳しくないのですが、タイポップスのカリスマがBIRDだとしたら、タイロックのカリスマはLOSO(ボーカル&ギタリストのSek)という感じなのでしょうか。Bird-Sekという二人のアルバムもあります。

そんな国民的大スターのコンサートに出演したKOHさんは、ステージの真ん中でテナーサックスを演奏しています。
先日音源を聴かせていただいたのですが、もっと聴きたい!と思ってしまった程、良い音を響かせていました。
曲目は"คืนจันทร์ (Kuen Jun)"。この曲はGIFTでKob Savanitさんがカバーしているので私も知っていたのですが、LOSOの名曲中の名曲だそうです。
a0020236_23141152.jpg

オーサカさんからの情報をヒントに…どこかにライブの映像は無いものだろうかと探してみました。
頼りになるのはやっぱりYouTube!奇跡的?にこのライブ映像があったのです(涙)ライブはやっぱり見応えがあるし、Kohさんがデビューする前の映像ですから…なんだか感動してしまいました。
(↓YouTubeの動画は残念ながら削除されたようです)
YouTube "Loso - Keun Jan ( Live Consert )"
最近では、タイの人気ロックバンド BodyslamSave My Life Concertで激しいパフォーマンスを見せてくれたように、Kohさんはロック魂を持ったミュージシャンなのかもしれません。
ジャズだけでなく、時々はロックなKohさんも見たいものですね。
a0020236_23213081.jpg

a0020236_23221866.jpg

[PR]
by s-shinobu | 2008-03-19 23:53 | ■YouTube
a0020236_20354344.jpgタイと日本をつなぐ新生フリーマガジン「D-MARK MAGAZINE」にKOH Mr.Saxmanの記事が掲載されました!

タイには日本人向けの「DACO」という有名なフリーマガジンがあるのですが、
日本にいながらにしてタイの今を感じる事の出来るフリーマガジンは…今まで有りそうで無かった新しいメディアだと思います。

D-MARK MAGAZINEは、タイのプミポン国王陛下80回目の御生誕日(2007年12月5日)に創刊されたばかりなのですが、その第4号が先日発行され、その中でKOH Mr.Saxmanを取り上げていただきました。

実は、KOHさんが来日した際に編集部の方々と知り合う機会があり、取材をしていただいたのですが…ちょうどその日(2月2日)は、タイからサッカー選手団が来日した日という事もあって、編集部の方々は大忙しの日だったそうです。そんな中KOHさんに会いに来ていただきました。ありがとうございました。
その時の写真は、D-MARK MAGAZINEオフィシャルサイトの2月2日の日記をご覧下さい。

a0020236_2035575.jpgさっそく誌面を拝見したのですが、特集は日本でも話題のアイドル"Golf & Mike"です。
そしてこちらも大人気"アイス・サランユー"や、悪天候の中善戦したタイのサッカー選手団の記事あり…そしてKOH Mr.Saxman来日!という記事が載っていました。
いや~~うれしいですね!
早くKOHさんにも見てもらいたいと思っています。

D-MARK MAGAZINEがますます「ディー(ดี Good)マーク(มาก Very)」な雑誌になるように応援しています!

D-MARK MAGAZINE
www.d-mark.jp
[PR]
by s-shinobu | 2008-03-10 20:43 | ■メディア
KOH Mr.Saxmanの東京観光は、ほとんど楽器&CDショップ巡りなど音楽に関係したものだったのですが、今日はそれ以外の写真をまとめてアップしたいと思います。
a0020236_21453968.jpg
ファンの方と夕食後、新宿西口で。
a0020236_21463243.jpg
竹下通り入り口で。
a0020236_21461021.jpg
竹下通りのクレープ屋さんで。食べませんでしたよ(笑)
a0020236_2146181.jpg
表参道を散策後、Blue Noteへ。
a0020236_21464384.jpg
地下鉄駅構内。バンコクの地下鉄にもまだほとんど乗った事がないそうです。
a0020236_2146543.jpg
渋谷駅前交差点。
a0020236_2147326.jpg
お茶ノ水でEWIを購入後、Masatoさんと一緒にスイーツ三昧(笑)
a0020236_21471587.jpg
新宿靖国通りで。この後D-MARKさんの取材を受けました。
[PR]
by s-shinobu | 2008-03-05 23:44 | ■来日日記
今月は "Love Maker by am:pm" というコンサートにKOH Mr.Saxmanが出演するとお知らせをしたばかりなのですが、4月のコンサート情報も入りました!

a0020236_0542622.jpg
The Exclusive Night 3 "Love You...Love Song Concert"
日時:2008年4月19日(土) 19.00~
場所:Cristal Ballroom, Tawanna Hotel

a0020236_10680.jpg出演者を見てみると、大人のコンサートといった趣のチャリティコンサートのようです。
私が知っているのは、このブログでも時々登場しているキーボードプレーヤーのPom Autobahnさん。KOHさんとは数多くのライブで共演しているミュージシャンです。
そして名前を見て驚いたのが、Maleewan Jeminaさんです。この方はKOH Mr.SaxmanのファーストアルバムのVCDに参加している歌手なのです。

KOHさんのファーストアルバムのリリースから約5年…ベテラン歌手?のMaleewan JeminaさんとKOH Mr.Saxmanが同じステージに立つのは素晴らしい事だと思います。
どんなコンサートになるのかとても興味深いです。

a0020236_20514668.jpg
今夜は久しぶりにファーストVCDを引っ張り出し、Maleewanさんの"Roo leaw wa ja ruk krai"を見ています。KOHさん、ちょっと若いです(笑)
a0020236_102767.jpg
a0020236_104441.jpg

[PR]
by s-shinobu | 2008-03-01 23:43 | ■LIVE情報